ケンコバ “退社示唆”加藤浩次に「辞めないで」「吉本を中から変えていく役を担える人」

[ 2019年7月23日 21:44 ]

お笑いタレントのケンドーコバヤシ
Photo By スポニチ

 吉本興業所属のお笑い芸人ケンドー・コバヤシ(46)が23日放送のAbemaTVニュース番組「Abema Prime」に生出演。お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)で進退を語ったことについて言及した。

 加藤は前日22日の「スッキリ」で「経営陣が変わらないなら俺は辞める」と退社も辞さない姿勢を示した。また、23日の放送では同日夕方に大崎洋会長(65)と会談する予定であることを明かし「その旨(退社も辞さない姿勢)を伝えようと思う」「芸能界でどうなるのかは、それから」と語った。

 ケンドー・コバヤシは加藤について「僕は加藤さんのことがすごく好きです。本音の本音で、加藤さんには会社を辞めるという言葉は使ってほしくなかった」とコメント。

 「カッコいい先輩ですし、カリスマ性もある。指導力もある。会社が変わらないのであったら、旗を振って会社を中から変えていく役を担える人だと思う。だから辞めずに戦ってほしいなと今でも思っている。会社の皆さん、加藤さんの話を聞いてくださいと言いたいぐらいです」と自身の思いを伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月23日のニュース