危機管理広報コンサル分析 岡本社長涙も「見ている人の心動かず」

[ 2019年7月23日 09:30 ]

吉本興業 岡本社長会見

涙を流す吉本興業・岡本昭彦社長(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 危機管理広報コンサルティング会社「エイレックス」の江良俊郎社長は、岡本社長の会見について「質問にストレートに答えず、言い訳も多かった。グダグダ過ぎる。この会見を見て納得した人はいないだろう」と感想。「日本最大級のエンタメ企業のトップがこれでいいのかと、その資質が問われるレベルの出来」と厳しかった。

 途中、岡本社長が泣いたことについては「海外なら会見中に泣くと批判されるが、日本ではダメとは言い切れない。見ている人の心を動かすこともある」としながら「今回は意味がなかった」とバッサリ。特に宮迫と亮への「テープ回してないやろな」発言について「冗談だった」と釈明したことは「言い訳としてもひどい」とあきれた。「普通は質問を想定し、答えを準備して会見に臨むが、それをしたとは思えない」といい「もう(岡本社長は)もたないのでは」との見方を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月23日のニュース