山里亮太“退社示唆”極楽・加藤浩次に「辞めないで。いなくなったら嫌だ」

[ 2019年7月23日 13:45 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が23日、火曜レギュラーを務めるTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・00)に生出演。所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動を受けて、吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日に開いた会見について言及。さらに、退社を示唆した「極楽とんぼ」加藤浩次(50)についても、率直な思いを打ち明けた。

 会見を振り返り、山里は「会見って人柄が出る」としみじみ。さらに「自分で言うのはあれだけど、俺の“令和の奇跡”覚えてる?」と話題を呼んだ妻で女優・蒼井優(33)との結婚会見を持ち出し「“腕”って裏と表であるけど、“思い”っていうのは言葉に乗るもんだね」とコメントした。

 自身も「天の声」として出演する日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)では、加藤が「経営陣が変わらないなら俺は辞める」と宣言。山里は「(加藤の)心の声がちゃんと届いてくれてたらいいな」としつつ「辞めないでって感じ。加藤さんがいなくなったら嫌だな」と本音。「俺より汚い声の人がスタジオにいてくれないと、俺の声の汚さが目立っちゃうから。加藤さんが人を呼んでいる時の声って、漫画でいうとジャイアンが歌っている時と同じ」とボケながらも、加藤の退社を引き止めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月23日のニュース