千原せいじ「すごい無駄な5時間」 宮迫の処分撤回は「そんな簡単?俺らの立場」

[ 2019年7月23日 12:14 ]

千原せいじ
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの千原せいじ(49)が23日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に生出演。所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動を受けて、吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日に開いた会見について言及した。

 せいじは「すごい無駄な5時間やったなと思った。びっくりした。めちゃくちゃ下手くそやんと思って」とバッサリ。「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)で「経営陣が変わらないなら俺は辞める」と宣言していたことにも触れ「“トップ2人が変わらな吉本辞めるぞ”っていう気持ちがより固まったと思う」と推測した。

 雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の会見では、吉本の主催イベントに反社会的勢力がスポンサーとして付いているという疑惑が浮上したが「1番の問題はこれなんですよ」とせいじ。さらに「スリムクラブは(反社会的勢力と)知らずに行っているわけですよ。それですぐに謹慎というのは、どういうことなんだ」と会社の対応に首をかしげ「会社としては、連れて行った人間を『業務妨害で現場にいたやつ全員訴えます』とか。そういうこと言ってくれたら、反社会的勢力と戦う気なんだと一発で分かると思う」と主張。だが「昨日の会見を見てても『今、警察に頼んで調査中ですって』って。いつまでかかんねん」と進展しない現状に声を荒げ「一回ルールをちゃんと作ってくれな。今、謹慎している奴らもいつ解けるか…」と無念さをにじませた。

 契約解消を通知されていた宮迫の処分撤回も発表されたが、「そんな簡単なことやったんかと。“あんな記者会見されたから解雇は保留します”みたいな。そんな簡単なことなん?俺らの立場って」と怒りは収まらず「反社の問題は徹底的にやって欲しい」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月23日のニュース