トミーズ健、一連の吉本騒動に怒り「いい加減長い。世間もホンマに怒り出す」早期収束訴え

[ 2019年7月23日 18:51 ]

トミーズ健
Photo By スポニチ

 吉本興業所属のトミーズ健(60)が23日、MBS「ちちんぷいぷい」(月~金曜後1・55)に出演。お笑い芸人が振り込め詐欺グループのパーティーに出席した「闇営業」問題を巡る吉本興業の一連の騒動を受け、「いい加減長い。世間もホンマに怒り出すと思う」と早期収束を訴えた。

 前日に開いた岡本昭彦社長の記者会見について、コメントを求められると「他のタレントさんがいろいろ発言してますし、思っていることは大体一緒だと思います。ただね、闇営業の報道から1カ月、2カ月近く経っている。闇営業問題から吉本の内部の問題になってきているが、いい加減長いと思う。世間もホンマに怒り出すと思う。“お笑いの事務所がいつまでやってんねん!”って」とバッサリ。

 「この間の日曜は参院選があったでしょ。日本中が選挙のこと考えないといけない時に、吉本の問題で世間の人は集中できなかったと思う。ごつい迷惑掛けている。とにかく早く収束しないと世間に怒られるよ。劇場でもお客さんからは少し重たい雰囲気を感じるよ。“お前ら大丈夫なのか”って」と続けた。

 さらに「お笑い芸人がテレビで泣いて、お笑い事務所の社長がテレビで泣いて。こんなの見たあとに誰が吉本の芸人見て笑ってくれると思う?」といい、社長会見で問題は収束に向かうかと聞かれると「アカン。あんな会見やっていたら誰も納得しない。いくら身内でもアカンわ」と答えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月23日のニュース