うつみ宮土理 高島忠夫さんを悼む「天国でジャズを」

[ 2019年6月28日 15:58 ]

<日本ブライダル大賞>特別賞を受賞した高島忠夫(左)・寿美花代(右)夫妻
Photo By スポニチ

 タレントのうつみ宮土理(75)が28日、ニッポン放送「大橋美歩 金曜ブラボー」(後1・00)に電話出演し、老衰のため88歳で死去した俳優の高島忠夫さんを偲んだ。

 うつみは「クイズ年の差なんて」(1988~94年、フジテレビ)で共演していた当時について「高島さんは私たち『アダルトチーム』のキャプテンをやられていた。とにかく明るい方で、会場に入ってくるとパッと周りを明るくしてくれる方でした」と、しみじみと振り返った。

 また「番組で高島さん一家と軽井沢でロケをしたことがあった。(息子の)政宏さん、政伸さんがまだ小学校に入る前くらいで“リッチな家族”って印象でした。家には地下に音響ルームがあって息子さんが楽器を弾いて寿美(花代)さんと高島さんがジャズを歌っていたそうです」と思い出を語り、「天国でお仲間を見つけてジャズを歌っていらっしゃるんじゃないでしょうか。ニコニコして幸せなイメージがあります」と悼んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月28日のニュース