吉本会長「闇営業」で謝罪 教育に問題、再発防止誓う

[ 2019年6月28日 22:37 ]

取材に応じる吉本興業ホールディングスの大崎洋会長=28日、バンコク
Photo By 共同

 吉本興業ホールディングスの大崎洋会長は28日、所属芸人が反社会勢力の集まりに出席した「闇営業」問題について「本当に申し訳なく思うし、個人的にはじくじたる思いもある」と謝罪し、再発防止に全力を尽くすと誓った。訪問先のバンコクで共同通信の単独インタビューで答えた。問題発覚後、同社トップがメディアに答えたのは初めて。

 大崎氏は「(会社を)非上場とし、反社会勢力の人たちには出て行ってもらった。関わった役員や先輩も追い出し、この10年やってきたつもり」と指摘。所属芸人への教育については、コンプライアンス(法令順守)の冊子も作って多数の所属タレントに年間を通じて説明したが「このざまだ」とし、取り組みに問題があったとの認識を示した。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月28日のニュース