スリムクラブ 出演番組“降板”へ レギュラー復帰は険しい道のり

[ 2019年6月28日 05:30 ]

お笑いコンビ「スリムクラブ」の真栄田賢(左)と内間政成
Photo By スポニチ

 吉本興業は27日、お笑いコンビ「スリムクラブ」が暴力団関係者の会合で闇営業したとして、無期限謹慎処分にしたことを発表した。

 無期限謹慎処分のため、2人は出演するテレビ番組を実質的に“降板”することになった。

 真栄田は朝日放送(大阪市)「探偵!ナイトスクープ」(東京MXなどで放送)にレギュラー出演していた。朝日放送はきょう28日以降の放送について、真栄田の出演部分を再編集することを発表。次回収録は「代役を立てるかも含め、今後については検討中」とした。内間はテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(水曜後11・20)にVTRで不定期出演。同局の担当者は今後について「(内間を)収録したものがないのでそのまま放送する」と語った。

 毎週木曜日にはAbemaTVのニュース番組内で「ぶっちゃけ!スリム記者クラブ」という芸能コーナーも担当していた。AbemaTVの担当者は「今後の対応を慎重に検討しております」と話すにとどめた。

 謹慎処分が無期限であることから各番組は代役を立てるなどの対応を迫られるため、状況的に今後も現在のレギュラー番組復帰は険しい道のりとなりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月28日のニュース