なだぎ武 今月の給料「地獄過ぎ…」 ネット反響「これが光営業をした結果か…」

[ 2019年6月28日 12:46 ]

なだぎ武
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのなだぎ武(48)が27日、自身のツイッターを更新。切実すぎる窮状をつづり、話題となっている。

 なだぎは「今月の給料を確認。。地獄過ぎて笑うことも泣くこともでけへん、、来月はとりあえずバナナで乗りきります。皆様、もし私を街で見かける事があれば、エサを与えて下さい。。」とバナナを手にした自身の写真を添えた。

 なだぎは2006年に、米ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」シリーズの登場人物であるディラン・マッケイを演じるパロディーネタで人気者に。ピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり」では2006年、2007年と史上初の連覇を達成するなどブレークした。以前、バラエティー番組に出演した際には「最高月収は800万円」と明かしたこともある。

 そんななだぎのつぶやきに「頑張ってください」「ご飯いきましょう!」など背中を押す書き込みがある一方、お笑い芸人が事務所を通さず仕事をする闇営業を暴力団関係者や詐欺グループといった反社会勢力との間で行ったことが問題となっていることもあり、「地獄な給料でも、事務所を通した仕事をしているのだから。頑張って下さい!」「これが光営業をした結果か…」といった“闇営業”に絡めた声も出ている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月28日のニュース