藤井七段 サミット厳戒下の大阪で対局 関西将棋会館前にも警察車両や警官

[ 2019年6月28日 10:41 ]

開幕した20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の影響で厳戒下にある大阪市内の関西将棋会館で近藤誠也六段(左)との竜王戦決勝トーナメント初戦に挑んでいる藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(16)が28日、この日開幕した20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の影響で、厳戒下にある大阪市内で対局に挑んでいる。

 市内の関西将棋会館で組まれた、午前10時開始の竜王戦決勝トーナメント初戦のために来阪。同会館はサミット参加国の要人が宿泊しているとみられるホテル周辺9エリア(空港周辺は除く)の1つ、大阪駅周辺地区にある。そのため、最寄り駅のJR環状線・福島駅近辺や会館前には多数の警察車両や警官が配置され、物々しい雰囲気が漂っている。

 この日は同会館では藤井の対局を含め5局を予定。日本将棋連盟関西支部の広報担当によると、対局に向かう際に車やタクシーを使わないよう促すなどの事前連絡はしていなかったが、開局時間の間に合わなかった棋士はおらず、特に混乱はなかった。藤井もいつも通り、早めに会館入りした。

 藤井の竜王戦本戦となる決勝トーナメント進出はデビュー以来、3年連続3度目。この日の対戦相手は過去4戦3勝の近藤誠也六段(22)。ただ、唯一の黒星は昨年2月に順位戦C級1組の対局で喫したもので、その結果、昇級を逃すことになった痛恨の1局だった。

 振り駒で藤井は後手に。窓の外とは違い、いつも通り静かな雰囲気が漂う対局室で、ルーティーン通り熱いお茶を一口すすってから飛車先の歩を突いた。

 竜王の冠保持者は広瀬章人竜王(32)。タイトルをかけた7番勝負の挑戦者になるには、この日を含め4連勝した上で、さらに挑戦者決定3番勝負で2勝する必要がある。

 持ち時間は各5時間。昼・夕食休憩を挟んで本日深夜の終局が見込まれている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月28日のニュース