水野真紀 スタッフの制止を振り切って出題したクイズの答えは…

[ 2019年4月23日 13:06 ]

MBSテレビ「魔法のレストラン」で新阪急ホテル「オリンピア」を訪れた(左から)ロザン・菅広文、水野真紀、雛形あきこ
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「水野真紀の魔法のレストラン」(水曜後7・00)の24日放送は「大阪新阪急ホテルの大人気バイキングレストラン・オリンピアで一番原価の高い料理は?」がテーマ。

 番組では「オリンピア」、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」、「箕面温泉スパーガーデン」というGWに家族で行きたい食のテーマパークを徹底解剖。「オリンピア」では番組オーナーの水野真紀(49)が、番組スタッフの制止を振り切って問題にした「全80種類の中で一番原価の高い料理は?」というクイズが出題される。番組レギュラーのV6・長野博(46)&ロザン・菅広文(42)チームは「北京ダック」、ゲストのよゐこ・有野晋哉(47)&雛形あきこ(41)チームは「まぐろの漬け焼き」と予想。芸能界のクイズ王、ロザン・宇治原史規(43)は「ビーフステーキ」と解答したが、その理由は「このクイズの問題の答えが“ステーキ”って、クイズの制作側からしたら何にもおもろない」というのが、スタッフがクイズにするのを嫌がった理由と推察してメンバーを唸らせた。

 しかし、正解は予想に反し「オリンピア」で現在開催中の“春のまぐろ&サーモン祭”の目玉メニュー「まぐろとサーモンの大砲巻き」。続いて原価2位は客の目の前で油をかけて仕上げる「サーモンと海老のチリソース」、3位はバーナーでまぐろを1匹丸ごと炙る「まぐろの吊るし焼き」だった。ちなみに高級食材の「北京ダック」や「ビーフステーキ」は1年中ある人気メニューで、大量仕入れすることでコストダウンが可能だそうだ。

 他には“フレンチの巨匠”神戸北野ホテル総料理長・山口浩シェフが、実際に食べて選んだ「USJグルメベスト5」や、ヤナギブソン(43)が家族と一緒に箕面温泉スパーガーデンの人気の謎を調査する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月23日のニュース