「最年少」10歳の仲邑菫初段 「悔しい」黒星デビュー “花”対決はらんに軍配

[ 2019年4月23日 05:30 ]

踏み台を使用し、退局する仲邑菫初段。右は大森らん初段(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 4月に史上最年少でプロ囲碁棋士となった仲邑菫(すみれ)初段(10)が22日、大阪市の日本棋院関西総本部で行われた第29期竜星戦予選で、同じく4月にプロ入りした女性棋士の大森らん初段(16)に174手で敗れ、公式戦デビューを白星で飾れなかった。仲邑は「緊張してうまく打てなかった。悔しい。次は頑張ります」と残念がった。

 テレビカメラ13台、100人を超える報道陣が集結。高さのある足つき碁盤での対戦となり、小柄な仲邑は椅子の下に高さ10センチの特注の台に足を乗せて挑んだ。序盤は仲邑が強気に攻めたが、中盤から流れは一気に大森へ動いた。立会の後藤俊午九段(52)は「重圧に負けず、普段の実力を発揮できたのは頼もしい」と期待を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月23日のニュース