AAA浦田 謹慎期間はいつまで 復帰前に被害女性へ謝罪と償いを

[ 2019年4月23日 13:51 ]

深々と頭を下げる浦田直也(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 コンビニで面識のない女性を殴ったとして、暴行容疑で逮捕・送検され、21日に釈放されたAAAの浦田直也(36)に対し、所属先のエイベックス・マネジメントは22日、「無期限謹慎処分を科すことといたしました」と発表した。

 浦田に対しては、21日の謝罪会見での言動をめぐり、「全く反省しているように見えない」など批判の声がテレビ番組やネット上で相次いでおり、沈静化の気配はない。「無期限」は、深刻な事態と見た事務所側が重い処分を下したといえる。6月15日から全国8会場21公演で30万人以上を動員する大規模なAAAのファンミーティングツアーに浦田がパフォーマンスで参加するのは難しい状況だ。

 芸能人の不祥事で「無期限謹慎」となった過去のケースでは、多くが復帰までに1年もしくはそれ以上を要している。乗用車で2017年6月に自損事故を、同10月には人身事故を起こしたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(41)は1年後の18年10月に仕事を再開。学歴や経歴の詐称を16年3月に報じられ、6番組を降板したショーンK(51)は、18年元日放送の番組で復帰するまで1年10カ月近く活動を停止していた。

 事件性が疑われたケースでは、まず司法などの判断を待つ。未成年女性との飲酒と不適切行為で17年9月に大阪府青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検され、同年12月に不起訴処分となった俳優・小出恵介(35)は今も復帰のメドが立っていない。NHKは、「刑事処分なども終わり、事件そのものが終息している」との理由で、小出の謹慎前の出演ドラマについて今月からオンデマンド配信再開を発表したが、それでも17年6月の不祥事発覚からは1年10カ月以上が経過している。

 エイベックス・マネジメントは浦田がソロデビュー10周年記念で4、5月に東京と名古屋、大阪、福岡の4会場で開く予定だったファンクラブイベント8公演の中止を決めた。一方で、AAAのツアーは8月7日の大阪城ホールまで開催され、ファンは楽しみにしている。浦田をのぞく5人で行うのか、それとも中止か、主催者側は協議を続けている。5人で出演して、浦田にはパフォーマンスはさせずに会場で生謝罪だけさせる案をあげる有識者もいる。

 いずれにせよ、問題の渦中にあるリーダーに対しては、在宅での取り調べが続く状況。まずは、被害者に対して謝罪と誠意をしっかりと示し、時間がかかってでも償わなければ復帰はない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月23日のニュース