重盛さと美、父と疎遠だったグラビア時代「ちょっと下品な…」

[ 2019年4月23日 12:40 ]

重盛さと美
Photo By スポニチ

 タレントの重盛さと美(30)22日放送のMBS「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)に出演。グラビアアイドルをしていたことによる親子関係の影響について明かした。

 この日は、現役グラビアアイドルとその親が出演し、互いの立場から本音を披露。グラビア出身の重盛は親と子の両方の気持ちが分かるとし、さらに「疎遠になっていた時期もあります」と当時の自身と父親との関係性について語った。

 父親について「お父さん、わりとしっかりしていて、会社とかやっている」とし、経営者という立場から「水着とかやられると困るって」と、娘の仕事に難色を示していたという。

 さらに「ちょっと下品な水着だったので…」とも。この告白には、MCの明石家さんま(63)も「グラビアに水着に上品とか下品とかあるの?それでお父さん、嫌だったのか…」と驚くばかりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月23日のニュース