加藤浩次 コナンネタばらしに苦言も「“見に行く”ってつぶやく必要ある?」

[ 2019年4月23日 11:56 ]

加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(49)が23日、MCを務める「スッキリ」(月~金曜前8・00)に生出演。SNSで横行するネタばらし行為に苦言を呈しつつ、すぐにネット上でつぶやくユーザーの行動に首を傾げた。

 番組では、公開中の映画「名探偵コナン紺青の拳(フィスト)」をめぐって、作品の中の犯人を明かす“ネタばらし”がSNS上で横行していることを取り上げた。ユーザーが「今からコナンの映画を見に行く」と投稿すると、「犯人は○○です」と返信してネタをばらすなどのアカウントが30件以上も確認されたという。“被害”にあったファンは「楽しみが奪われた」「マジで最悪」など怒りの声をあげている。加藤は、ファンの楽しみを奪う行為に「完全なる愉快犯だと思う。やっていることがよく分からない」と不快感を示した。

 一方で、「ツイッターだから何をつぶやいてもいいんですよ」と前置きした上で、“被害者”に対しても「『コナンを見に行く』ってわざわざつぶやく必要ある?」と問いかけた。「俺にはよく分からないなあ。『見に行きます』って言わないで、ふらっと行けばいいんじゃないの?」と続け、最後は「悪質な人間は全て駆逐できない。自分で守るしかないですね」とSNS上での注意を喚起した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月23日のニュース