テレ朝社長 新人・斎藤ちはるアナに太鼓判「伸びしろのあるアナウンサー」

[ 2019年4月23日 14:37 ]

テレビ朝日2019年度入社式に出席した新人の斎藤ちはるアナウンサー
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の角南源五社長(62)が23日、東京・六本木の同局で定例会見を行い、新人の元「乃木坂46」の斎藤ちはるアナウンサー(22)について「伸びしろのあるアナウンサー」と評価した。

 斎藤アナは新人ながら、入社早々の4月1日から朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)の2代目アシスタントに就任している。

 角南社長は「とても落ち着いていて、声のトーンも聞きやすい」と印象を語り、羽鳥慎一キャスターからも「質問を振っても、自分の言葉で返してくれるので、非常にやりやすい」と高評価を得ていることを報告。「読み間違えなども多少ありますが、伸びしろのあるアナウンサーだと思います」と高く評価した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月23日のニュース