SKE48須田亜香里 揺れるNGTに「チーム解体でとどまって幸い」

[ 2019年4月21日 11:20 ]

SKE48の須田亜香里
Photo By スポニチ

 SKE48の須田亜香里(27)が21日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。NGT48のメンバーで、1月に男2人から暴行被害を受けたことを告白した山口真帆(23)が同日に新潟市の専用劇場で行われる公演に出演することについて言及した。

 須田は「私もきょう出るのは皆さんと同じように公式サイトで知る形だった」とした上で、「グループが解散しちゃうんじゃないかみたいなこともささやかれている中で、チームの解体っていうことだけで済んだのも、いろいろ言われますけど、それ以外にまじめにやってる子たちもたくさんいるから、そういう子たちのことを思うとチーム解体でとどまって幸いだったんじゃないかって思う」と話した。

 また、山口が20日に有料会員向けメールでファンに「明日が来て欲しくない」とのメッセージを送り、メールのタイトルが「いやだ」だったことには、「これが出る前は、本人が望んできょう公演に出るんだっていうふうに思ってたけど、これを見て、ああ望んで出るわけじゃないのかなって想像してしまうとちょっと心配な感じが…」とコメントした。

 一方、山口の公式グッズ発売中止が発表されたことから、ファンの間で山口の「卒業」がささやかれていることには「いや、グッズ発売中止イコール卒業っていうのは私は考えにくいなって思っている」とし「今回のやつってサイン入りのグッズなんです。そういうの発売する時って毎回、メンバーがサインを書いた紙を提出して、それをスキャンしてもらってグッズになるんですよ。だから、話し合いとか、今回もこういう騒動があった中でグッズ販売の話とかさすがにするものじゃないし」と説明していた。

 そして、「私は運営側の人間ではないので。よく運営援護するなって言われるんですけど、援護するほど可愛がられたこともないので」と強調。山口がAKBに移籍するという噂には「もしも本人が望むのであれば、それでアイドルがやれるって気持ちになれるのであれば」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月21日のニュース