【浦田直也 謝罪会見(12)】ファンへの気持ち「裏切ってしまったことは、本当に情けない」

[ 2019年4月22日 03:28 ]

謝罪会見で囲み取材を受ける浦田直也(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 コンビニエンスストアで面識のない女性を殴ったとして20日に警視庁月島署に暴行の疑いで逮捕され、21日に釈放された男女6人組音楽グループ「AAA(トリプルエー)」のリーダー、浦田直也容疑者(36)が同日午後8時過ぎから東京都内で謝罪会見を行った。

 浦田容疑者は金髪を黒く染め、黒のスーツにネクタイ姿で謝罪会見に臨み、約30分間にわたって報道陣に対応した。

 会見冒頭での謝罪に続いて行われた報道陣との一問一答は以下の通り。

 ――ファンの方はファンクラブのツアーを楽しみにしていたが、どんな気持ちか
 「僕自身は自粛させていただくので、まだツアー自体は会社と今話している最中なので、どうなるかわからないんですけど、そうですね…どういう方向に行ったとしても、僕自身は自粛させていただくので。メンバーにも迷惑をかけますし。申し訳ない気持ちで」

 ――ファンの方に対する思いは
 「そうですね、こういう形で裏切ってしまったことは、本当に情けないですし、悔しいですし申し訳ないです」

 ――会えることを心待ちにしていたと思うが
 「そうですね…うん…今は本当に申し訳ないですとしか言えないです」

 ――6月以降のアリーナツアーに関しては、本人の意思としては出るつもりはない?
 「僕は、今の気持ちは活動を自粛しようというところなので、期間とかは会社と話しているところなので、そういうところはまだわからないですけど、今は、すべて活動を自粛したいなと思っているところです」

 ――そういう気にもなれない?
 「そういう気にもなれないではなく、もちろんライブやりたいですし、ファンの皆さんにお会いしたいですけど、こういうことをしてしまった自分が、しっかり反省をして、また皆さんの前に立つのを…なんていうんですかね…今はそんなことを考えられない状態です。とりあえず今はやってしまった行動と、被害に遭われた方に、被害者の方に申し訳ない気持ち。それがまずはいっぱいなので」

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月21日のニュース