EXILE弟分4組 総勢38人合体!「世代超えたバチバチ感」

[ 2019年4月21日 05:30 ]

共演コンサートを開催するGENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ
Photo By 提供写真

 次世代のEXILE TRIBE(一族)4グループによる共演プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」が始動する。

 参加するのは7人組「GENERATIONS」、16人組「THE RAMPAGE」、8人組「FANTASTICS」、7人組「BALLISTIK BOYZ」の4組で総勢38人。20日、RAMPAGEのさいたまスーパーアリーナ公演で発表された。

 7月4~7日の4日間、千葉・幕張メッセに4組が一堂に会し、ライブを開催。計6万人の動員を予定している。これに先駆け、同3日、各グループが1対1で競演した新曲を収録するアルバム「BATTLE OF TOKYO~ENTER THE Jr.EXILE~」を発売。それぞれミュージックビデオも制作し、6月3日から順次公開していく。所属事務所によると、このプロジェクトはその後も展開が広がっていくという。

 EXILE一族の三男坊に当たるGENERATIONS以降のグループは、EXILEを見て育った「Jr.EXILE」と呼ばれる。平均年齢は22・3歳。10~20代の熱烈な支持があり、このプロジェクトを機にさらにファンを獲得する狙いだ。

 FANTASTICSの佐藤大樹(24)は「世代を超えたバチバチ感はライブやミュージックビデオの一番の見どころ」と魅力をPR。GENERATIONSの白濱亜嵐(25)は「EXILEという名前が付く重みを感じながら、GENERATIONSらしさはそのままにJr.EXILE世代の中でも輝いていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月21日のニュース