【浦田直也 謝罪会見(21)】メンバーに一番に伝えたい「ごめんなさい、申し訳ない」

[ 2019年4月22日 04:06 ]

謝罪会見を終え、会見場を後にする浦田直也(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 コンビニエンスストアで面識のない女性を殴ったとして20日に警視庁月島署に暴行の疑いで逮捕され、21日に釈放された男女6人組音楽グループ「AAA(トリプルエー)」のリーダー、浦田直也容疑者(36)が同日午後8時過ぎから東京都内で謝罪会見を行った。

 浦田容疑者は金髪を黒く染め、黒のスーツにネクタイ姿で謝罪会見に臨み、約30分間にわたって報道陣に対応した。

 会見冒頭での謝罪に続いて行われた報道陣との一問一答は以下の通り。

 ――メンバーがSNSでお詫びを出したが
 「まだ見れていないです」

 ――西島は大阪でライブを開催中だが、メンバーに会って最初の一言目は何を伝えたいか
 「本当にごめんなさいですね。一番最初に伝えたいのはやっぱりごめんなさいという気持ちと、申し訳ない気持ちと、一緒にやってきてくれたのにこんな裏切り方をして本当に申し訳ないって気持ちを、もう言葉ではなく気持ちですね、伝えたいです」

 ――引退はない?
 「今はまだそこまでの気持ちでは…そういう気持ちを考えるまでの余裕がないです」

 ――これからどのように過ごしていくか
 「被害者の方に申し訳ないって気持ちと、本当に自分の後悔と、反省の気持ちと、たくさんいろいろな方に迷惑をかけてしまったので、まずはちゃんとそこで謝罪できるようにしていきたなと思います」

 浦田容疑者は最後に「申し訳ありませんでした」と長々と頭をさげ、「失礼します」と会見の場を後にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月21日のニュース