岡田龍太郎は山P似の文武両道エリート 16年ジュノン準グランプリ 「今後は殺陣にも挑戦」

[ 2019年2月25日 10:00 ]

渋谷川を背にポーズを決める岡田
Photo By スポニチ

 【次世代イケメン(12)】16年のジュノンスーパーボーイコンテストで準グランプリに輝いた俳優の岡田龍太郎(25)。20年以上テニスを続けている一方、今春には早稲田大学法学部を卒業予定の文武両道のエリートだ。昨年5月に出演した恋愛リアリティーショー「恋愛ドラマな恋がしたい」(AbemaTV)では、視聴者から「山下智久に似ている」などと話題を呼び、若い女性を中心に人気を集めている。

 高校2年まではテニス一筋でプロを目指していたが、肩をケガして断念。そこから一念発起し勉強を始め、難関試験を突破し同大学に進学した。学業と撮影で忙しい中でも「テスト期間中は24時間空いている自習室で寝ずに勉強をしていました」と努力を惜しまなかったという。

 憧れの俳優は事務所の先輩でもある渡辺謙(59)。主演映画「明日の記憶」が好きな作品で「3回見ました。今では(渡辺の)現場にお邪魔して勉強させていただいています」と語る。4月からは俳優業に突き進むが「今後は殺陣やアクションにも挑戦したい」と意欲を燃やしている。

 ◆岡田 龍太郎(おかだ・りゅうたろう)1993年(平5)12月27日生まれ、兵庫県県出身の25歳。16年にジュノンスーパーボーイコンテストで準グランプリ。17年7月に日本テレビ系「脳にスマホが埋められた!」とフジテレビ系「僕たちがやりました」の2本の連続ドラマに出演し俳優デビュー。現在WOWOWの連続ドラマ「それを愛とまちがえるから」出演中。1メートル72、血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年2月25日のニュース