たけしが「カメ止め」上田監督に謝罪 最初のシーンを見て「下手うま」と評価 

[ 2019年2月25日 06:00 ]

「第28回東スポ映画大賞」で監督賞を受賞した上田慎一郎監督(左)とゾンビコマネチポーズをするビートたけし
Photo By スポニチ

 ビートたけし(72)が審査委員長を務める「第28回東スポ映画大賞」の授賞式が24日、都内のホテルで行われ、「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督(34)が監督賞を、女優のしゅはまはるみ(44)が新人賞を受賞し、2冠に輝いた。

 たけしは同作を「最初の何分か我慢して見てください」と勧められ、最初は「下手うまで面白い」と思って見ていたと述懐。その後、「相当脚本の段階で考えて」いたことが分かり、(「下手うまと思っていたことを)逆に謝りたい」と述べ、絶賛した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月25日のニュース