王将戦第4局 後手・渡辺の封じ手は6五桂

[ 2019年2月25日 09:21 ]

第68期王将戦7番勝負第4局第2日   久保利明王将(3敗)VS渡辺明棋王(3勝) ( 2019年2月25日    沖縄県那覇市・琉球新報本社ビル )

<第68期王将戦第4局・2日目>立会の東八段(右)が封じ手を開封し、対局を再開する渡辺棋王(右)と久保王将(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 午前9時の対局再開を前に封じ手が開封された。後手・渡辺の52手目は6五桂。

 持ち時間は各8時間で、第1日に久保が4時間6分、渡辺が3時間30分を消化している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年2月25日のニュース