永瀬正敏、弟との死別体験明かし「その思いを役に盛った」

[ 2019年2月25日 05:30 ]

映画「赤い雪」のトークショーを行った永瀬正敏(左)と井浦新
Photo By スポニチ

 俳優の永瀬正敏(52)と井浦新(44)が24日、都内で映画「赤い雪 RED SNOW」(監督甲斐さやか)のトークショーを行った。

 永瀬が、弟が失踪した責任をトラウマとして抱える漆塗り職人を演じるミステリー。自身も生後間もない弟と死別した経験があり「その思いを役にちょっと盛って現場に立っていた。1回だけ抱っこした時に、怖くてすぐに離してしまったことを覚えています」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年2月25日のニュース