「3年A組」好調の裏に2世代での厚い支持 日テレ幹部「不安の中でのスタートでしたが」

[ 2019年2月25日 15:46 ]

「3年A組―今から皆さんは、人質です―」で高校教師を演じる菅田将暉
Photo By スポニチ

 日本テレビは25日、東京・汐留の同局で定例社長会見を行い、好調な1月期ドラマについて言及した。

 視聴率動向について、大久保好男社長(68)は「年が明けて、全体的に上回ってきたかなと。中でもドラマが前クールより好調だというのがある」と手応えを口にした。

 中でも、視聴率が右肩上がりで推移しているのが俳優・菅田将暉主演の日曜ドラマ「3年A組−今日から皆さんは、人質です」。「日曜ドラマでは、前作の『今日から俺は!!』に続いて学園もので、ティーンの視聴者の支持を厚くいただいている」と福田博之編成局長。日曜午後10時半という時間帯もあり「翌日の学校のことを考えるとどうかな?と、不安の中でのスタートでしたが、日曜の夜の時間でも視聴していただいている」とした。

 「恐らく親御さんも一緒に起きて視聴していただいて、母親の層にも厚く支持をいただいている」と親子での視聴の形ができているとも話し、「(前クール「今日から俺は!!」から)2作連続の気づきだったので今後のラインナップにも生かしていきたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年2月25日のニュース