香取慎吾、海老蔵ものまね復活!カニ蔵ならぬ「どん十郎」襲名にファン歓喜

[ 2019年2月3日 20:23 ]

ものまねで「市川どん十郎」を披露する香取慎吾(C)AbemaTV
Photo By 提供写真

 俳優の稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)がAbemaTVの「7.2新しい別の窓」(日曜後5・00)に生出演。香取が「ものまね」企画で、歌舞伎俳優・市川海老蔵(41)のものまねを“復活”披露した。

 香取は16年まで放送していたフジテレビ「SMAP×SMAP」で「市川カニ蔵」を好演。番組を代表する人気キャラクターとなった。

 この日「7.2新しい別の窓」の新企画「#THEものマネー」に袴姿で登場した香取。周囲がざわつく中、来年5月に十三代目市川團十郎を襲名すると発表した海老蔵のマネを披露。「どうも、市川どん十郎でございます。よろしくお願いいたします」と名乗ってから「しんげん!しんげん!」と息子?の名を呼び掛けたり、スマホで写真撮影してブログにアップしたりと“どん十郎”になりきってスタジオを沸かせた。

 ネットではものまね復活に「市川カニ蔵改め市川どん十郎!めっちゃ笑った」「カニ蔵復活だ!嬉しい」「こっちも襲名したんですね」「慎吾くんがスマスマのキャラやってくれたー!(涙)」「本家より先に襲名してるし!」などの反響があった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース