松ちゃん 明石市長辞職に「もったいない」と私見 暴言の“続き”判明も「一切言い訳していない」

[ 2019年2月3日 11:46 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が3日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、ビルの立ち退き交渉を担当した市幹部に「燃やしてしまえ」などと暴言を浴びせ謝罪した兵庫県明石市の泉房穂市長(55)について言及。同市長が「責任はすべて私にある」として辞職したことに関し「もったいない」と私見を述べた。

 兵庫県明石市議会は2日の臨時会で、泉市長の辞職に全会一致で同意し、市長は同日付で辞職した。松本は「この人、頑張ってるなあと思って。もったいないかなと思う」と率直な感想。また、当初公開された暴言の音源には続きがあったことにも言及し「いろいろと市民の命のことが大事やと、あのテープでは訴えていた。叱咤もあったけど頑張っていこうという終わり方をしてるんやけど、そこは一切使われずに出されてしまった。でもあの人はそこを一切言い訳していない」と潔さについても触れた。

 東京出身のヒロミ(53)が「東京の人が聞くと、ニュアンスがひどいなって思うけど、関西の人が聞いたらどうなのか」と、地域によっての受け取り方の違いについて疑問が出ると、松本は「全然普通。自分は完全に地元だから…」と回答。さらに、辞職理由に「リーダーの資質を欠いている」ことを挙げたことについても「欠点のない人なんかいなくて。そんなことばっかり言ってたら何やっても65点しかできない人ばかりになっちゃうよ、それでいいんですかっていう話ですよ…」と嘆く場面もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース