永瀬正敏 共演の菜葉菜にツッコまれた「聞いていますか?」 考えていたことは「クマ注意」

[ 2019年2月3日 17:04 ]

大阪市内で映画「赤い雪 Red Snow」の公開記念舞台あいさつを行った(左から)菜葉菜、永瀬正敏、甲斐さやか監督
Photo By スポニチ

 俳優の永瀬正敏(52)が3日、大阪市内で主演映画「赤い雪 Red Snow」(監督甲斐さやか)の公開記念舞台あいさつを行った。

 監督のオリジナル脚本によるミステリーサスペンス。演じているうるし職人の役作りでは1カ月かけて猛特訓。ただ、うるしは素人が扱うと危険なため、代用品にサラダ油を使ったといい、「手がてっかてかになった」という逸話を明かした。

 撮影場所は、山形県新庄市内の豪雪地帯。当時を振り返って監督と共演の女優の菜葉菜(年齢非公表)が盛り上がる中、沈黙していると、菜葉菜から「聞いていますか?」と突っ込まれる場面も。慌てて「“クマ注意”って看板があった。冬眠中なんで出なくてよかったなあということを思い出してました」と返し、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース