上沼恵美子 “長男”逮捕の大沢樹生に同情「ちゃんと育てていた」喜多嶋舞さんには辛らつ

[ 2019年2月3日 12:59 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレントの上沼恵美子(63)が3日、自身がMCを務める読売テレビ「上沼・高田のクギズケ」(日曜前11・40)に出演。長男として育てた大沢零次容疑者(22)が傷害容疑で逮捕されたタレント・大沢樹生(49)を同情する一幕があった。

 番組では、逮捕された零次容疑者の親権が何度も移った複雑な境遇などについて触れた。大沢と親交があるという上沼は「ちゃんと(子供を)育てていたのを知っている。個人的に(子育て)相談も受けていましたし」と話して、零次容疑者が小学生時代のエピソードを披露。「『学校に呼び出されちゃって。やんちゃで仕方がないんですよ』って。一生懸命でしたよ。いい父ちゃんやっていましたよ」と振り返り、「デリケートな方なんで。DNA鑑定をやったことによって心が病んで、“悪いことした”って彼は思ってる」と大沢の苦悩についても明かした。

 一方、母親である喜多嶋さんについては「大っ嫌い」とぶ然。「ここに来たらいいのに。一発やらせてもらいたい」と手にしていたピコピコハンマーで机を叩いて不快感をあらわにした。また、「一回話し合いたいです」と直接対話を希望しつつ「そんな特番やります?やらない。誰が見る?て。そやな」と一人つっこみで笑わせたが、怒りは収まらない様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース