KAT―TUNの中丸雄一 嵐の活動休止に「考え抜いて出した結論」

[ 2019年2月3日 09:19 ]

「嵐 2020年限りで活動休止」
Photo By スポニチ

 KAT―TUNの中丸雄一(34)が3日、レギュラー出演する日本テレビ「シューイチ」(日曜前7・30)で、同じジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「嵐」が2020年12月31日をもって活動休止することについて「相当、時間をかけて考え抜いて出した結論」と話した。

 「嵐」は先月27日、2020年いっぱいで活動休止することを発表した。期間は無期限。リーダーの大野智(38)が脱退の意向を示し、メンバー5人で話し合いを重ねた結果、グループ活動休止の結論に至った。同日夜には5人そろって会見を行った。

 中丸は、「嵐」の大野智(38)、二宮和也(35)とメールのやりとりをしたと言い「個人的に思ったのは、相当、時間をかけて考え抜いて出した結論っていうのがよくわかりました」と説明。そして、「こういう会見って、ちょっと間違うと印象はだいぶ変わると思う。こんな言い方していいか分からないですけど、すごくいい会見だと思う。血の通った心からのメッセージがあって、とてもいい会見だった」と強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース