国谷裕子氏 NHK3年ぶりでも“神インタビュー” ノーベル化学賞・田中耕一氏から苦悩聞き出す

[ 2019年2月3日 06:45 ]

NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント」で田中耕一氏(右)を取材する国谷裕子氏
Photo By 提供写真

 キャスターの国谷裕子氏(61)が16年3月にNHKの報道番組「クローズアップ現代」を卒業して以来初めて、同局の番組に出演することになった。

 NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント 第5回“ノーベル賞会社員”〜科学技術立国 知られざる苦闘〜(仮)」(17日後9・00)で、02年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏(59)らをインタビューした。

 NHKは起用理由について「クローズアップ現代のキャスターとして“平成”という時代の変遷を伝え、その中で6人のノーベル賞受賞者にインタビューした経験もあり、今回のテーマにふさわしいと考えた」と説明した。

 田中氏がテレビのインタビューを受けたのは16年ぶり。国谷氏が軽妙な会話で田中氏の緊張を和らげ、田中氏はノーベル賞受賞後に新たな研究に尽力した中での苦悩を初めて打ち明けた。関係者は「国谷さんのインタビューだからこそ、田中さんの話を引き出すことができた」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース