話題集まる日曜劇場「グッドワイフ」 第4話で唐沢寿明と小泉孝太郎が“直接対決”

[ 2019年2月3日 12:00 ]

「グッドワイフ」第4話でいよいよ2人が直接対決する(C)TBS
Photo By 提供写真

 女優の常盤貴子(46)が主演を務めるTBS日曜劇場「グッドワイフ」(日曜後9・00)の第4話が3日に放送される。俳優・浅野忠信(45)の長男で俳優の佐藤緋美(19)がドラマ初出演することで話題となっているが、物語上でも重要な局面が描かれる。

 同ドラマは米国で放送され、エミー賞やゴールデングローブ賞を受賞した人気ドラマシリーズ「グッド・ワイフ」が原作。エリート検事の夫・壮一郎(唐沢寿明)がスキャンダルで逮捕されたため、専業主婦から転身して16年ぶりに弁護士に復帰する妻・蓮見杏子(常盤)が仕事へのブランク、夫への疑惑など、立ちはだかる数々の困難に立ち向かう姿を描くリーガルヒューマンエンタテインメント。

 前週放送の第3話では、回送列車の脱線事故で死亡した運転士の遺族代理人を杏子、多田(小泉孝太郎)らが担当に。運転士の過重労働の実態を暴き、事件を見事に解決に導いたが、この事件をかつて担当していたのは壮一郎を取り調べているライバル検事・脇坂(吉田鋼太郎)だったことを知った杏子は、拘置所にいる夫に利用されていたことに気づき涙。そんな杏子を多田が抱きしめたところで放送が終了した。

 第4話では、杏子に思いを寄せる多田と壮一郎が拘置所でいよいよ“直接対決”。大物2世俳優のドラマデビューが話題となるなか、ストーリーにも大きな注目が集まっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース