撮影で「バクテー」にはまった斎藤工 「映画づくりに通じる」ところは…

[ 2019年2月3日 09:30 ]

映画「家族のレシピ」の食事会イベントに出席した(左から)ジネット・アウ、斎藤工、エリック・クー監督、シシド・カフカ
Photo By スポニチ

 俳優の斎藤工(37)が主演するシンガポール・日本・フランス合作映画「家族のレシピ」(3月9日公開)の食事会イベントが2日、都内のレストランで行われた。

 映画に登場するラーメンとシンガポールのソウルフード・バクテー(肉骨茶)を組み合わせたメニュー「ラーメン・テー」を食べながらのトークショー。斎藤は撮影後に自分でバクテーを作るようになったそうで「味付けが決め手で、後片付けが大変なところは映画づくりに通じるものがあると感じた」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース