ハタチになった橋本環奈 初のお酒は「ドンペリ。味のわからない人が飲んでいるなって」

[ 2019年2月3日 15:27 ]

「誕生日二十歳の会見」を開き、振袖姿で登場した橋本環奈
Photo By スポニチ

 女優の橋本環奈(20)が3日、都内で「誕生日二十歳の会見」を開いた。この日20歳の誕生日を迎えた橋本は黒地の落ち着いた大人っぽい振袖姿で「正直、なんで会見なんだろう。恥ずかしい気が…」と照れ笑いを浮かべながら登場した。

 橋本は夜中の12時すぎに家族や事務所のスタッフらとのお祝いパーティーの際に、双子の兄と一緒に初めてのお酒を口にしたという。何のお酒ですか?と報道陣から質問が向けられると「何でしたっけ?」とマネジャーに確認。「ドンペリだそうです。すごいよく見ているやつ」。また初めてのお酒の味については「高いのに味のわからない人が飲んでいるなって感じ…。あんまりうまく答えらない」としながらも、「若干、苦いかな」と感想を述べた。

 いまのところ、20歳になっても「感覚は19歳のときと変わらない」というが、「実感はわかないのですが、責任のある言動を求められるという自覚を持っていきたい」と話した。

 20歳になって挑戦してみたいのは「スカイダイビング。高いところは大丈夫なほうなので」とニッコリ。

 また、この日発売となった4年ぶりのセカンド写真集「NATUREL」(講談社)は橋本自らがプロデュースし、写真のセレクトにも挑戦。仏ニースとパリでロケを敢行し、家族や親しい人にしか見せないような自然な表情をたくさん詰め込んだという。期待されるセクシーショットについては、「わりと露出度の高いタンクトップとか、短めのパンツのほうが幼く見えるのかな」と持論を展開。2、3日前にようやく出来上がった写真集を見たそうだが、「自己採点では100点」と自信を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月3日のニュース