嵐・相葉、活動休止は「解散じゃない」メンバーの“愛”を痛感「本当に嵐でよかった」

[ 2019年2月3日 21:54 ]

嵐・相葉雅紀
Photo By スポニチ

 2020年いっぱいでの活動休止を発表したアイドルグループ「嵐」の相葉雅紀(36)が3日放送のテレビ朝日「相葉マナブ」(日曜後6・00)に出演。活動休止について言及した。

 番組冒頭、共演するアンジャッシュ・渡部健(46)とハライチ・澤部佑(32)から「衝撃的な発表がありましたけど」と話を振られた相葉。改めて来年末での活動休止について報告し、「メンバーで10回以上話した。5人でも話したし、1人1人とも話した」と経緯を語った。

 「やっぱり寂しさがある」と話す渡部と澤部に、「決められた2年間で僕らは精いっぱい、みんなに楽しんでもらえるようなパフォーマンスをしていきたい」と決意を表明。「解散じゃない」と強調し、「一度立ち止まって、みんながそれぞれの方向を向いて、また集まった時には(嵐を)やっていきたいと思っている」と前向きに話した。

 また、他の4人のメンバーについても言及。「みんな優しい。みんなが納得する答えを何年かけて探したか…。本当に嵐でよかった。みんな嵐のことが大好きだから」と話し合いの中でメンバーのグループ愛を強く感じた様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース