氷川きよし「歌手として成人になれた」 デビュー記念日に思い出の地で20周年イヤー突入

[ 2019年2月3日 05:30 ]

デビュー20周年イヤー突入を祝福された氷川きよし
Photo By スポニチ

 氷川きよし(41)がデビュー記念日の2日、東京・中野サンプラザホールで全国ツアー公演を開いた。

 初コンサートを開いた思い出の地で20周年イヤーに突入し「歌手として成人になれた」と笑顔を見せた。3月12日発売の両A面シングル「最上の船頭」「大丈夫」など23曲を披露。「大丈夫」はサビの歌唱時に手でOKサインをつくる「大丈夫ポーズ」の振りが特徴。「“はやらせたい”と言うとはやらないから。自然にはやってくれたら」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月3日のニュース