NGT暴行事件で運営責任者会見 風紀の乱れ認めた 支配人更迭、後任は前SKEマネジャー女性

[ 2019年1月15日 05:30 ]

報道陣の質問に答える(左から)AKS・松村匠運営責任者、NGT48・早川麻依子新支配人、岡田剛新副支配人(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 新潟県を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の山口真帆(23)が昨年12月にファンの男2人から暴行を受けた事件で、運営責任者が14日、都内で騒動後初めて会見した。事件が今月8日に表面化してから6日。重い口を開き、劇場の支配人の更迭と対応の遅れを謝罪。一連の騒動の核心部分になる“風紀の乱れ”がグループ内にあったことを認めた。

 運営統括責任者で株式会社AKSの松村匠取締役(56)は「ファンやメンバーに不安な思いをさせてしまいました」などと謝罪。新たにNGT劇場支配人に就任した前SKE48マネジャーの早川麻依子氏(44)らと頭を下げた。

 この日未明に今村悦朗前支配人(59)の事実上の更迭となる異動を発表。対応の遅れで批判を浴びた運営側は、まずは被害者である山口自身が告発に踏み切ったことの責任を認めた。1カ月たっても運営側の対応に改善が見られなかったとの山口の指摘について松村氏は「コミュニケーションが不足していた」と反省。事件が明るみに出た後、初めて謝罪したのが被害者本人だったため事態の悪化を招いた点についても「(最終的に判断した)私の考えが非常に浅はかだった」と見通しの甘さを語った。

 山口が「ファンを裏切って(ファンと)つながってる人が正しいの?」とグループ内の風紀の乱れを暴露していたことについても会見でテーマに。事実ならメンバー間の確執につながるだけに、暴行事件の核心を握る部分。報道陣から質問された松村氏は「風紀について我々は大変気にしている」と乱れがあったことを認めた。そして「ファンの方が見て風紀が(乱れている)と考えていることは正していきたい」と是正していく考えも示した。女性マネジャー出身者として初の支配人になる早川氏にはメンバーの気持ちに寄り添う役割も期待されている。

 一連の調査は弁護士を中心とする第三者委員会に委ねる。信頼回復へ、解明されていない疑問への明確な回答が求められている。

 ≪秋元氏「憂慮」≫AKSによると15日にも人事が行われ、今村前支配人は東京で勤務になる見通し。松村氏は、総合プロデューサーの秋元康氏(60)が「大変憂慮している」とした上で「メンバーをケアすることを考えなさい」と叱責(しっせき)されたことを明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月15日のニュース