千鳥 自由すぎるアフレコに困惑!?人気シリーズなのに「どっちをやってもらってもいいです」

[ 2019年1月15日 18:42 ]

映画「TAXi ダイヤモンド・ミッション」公開直前イベントに出席した(左から)、プロドライバーの小山美姫さん、千鳥の大悟、ノブ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「千鳥」の大悟(38)とノブ(39)15日、都内で行われた映画「TAXi ダイヤモンド・ミッション」(18日全国ロードショー)公開直前イベントに出席した。2人は同作の中で強盗団の2人組役のアフレコに挑戦。「どっちをやってもらってもいいです」と製作側から告げられ、「聞いたことない!自由すぎる」と笑った。

 前日は成人式だったことにちなみ、20歳の頃を振り返って、「ちょうど大悟が大阪で一人暮らしを始めたころ、大悟の部屋で一緒に見たのがTAXiだった」と懐かしんだ。「いつか声優がやりたいな、と言っていたんです」と大悟が言うと、ノブは「言ってません!」とキッパリ。「いつかこの映画に出たいっていうならわかるけど」と大悟の調子のいい発言に本気のツッコミを入れた。

 映画の中には「ガッツリ、面白いボケがある」とし、「(製作の)リュック・ベッソンとお笑い談義がしたい」とノブが本格的なお笑い要素があると絶賛。一方、自分たちが担当したアフレコについては「気にしないでみてほしい」と遠慮がちに語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月15日のニュース