海老蔵 一部後援者から上がる再婚勧める声 親族で固める小泉元首相流を貫くとの見方も

[ 2019年1月15日 09:30 ]

海老蔵 20年5月に団十郎襲名

<市川海老蔵改め十三代目市川団十郎白猿襲名披露 八代目市川新之助初舞台 歌舞伎座記者会見>質疑応答の時間で笑顔をみせる市川海老蔵(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が14日、東京・歌舞伎座で会見を行い、来年5月に十三代目市川団十郎を襲名することを発表した。併せて長男の堀越勸玄(かんげん)君(5)も八代目市川新之助を襲名し初舞台を踏む。江戸歌舞伎を代表する大名跡「団十郎」が、新元号で迎える五輪イヤーに7年ぶりに復活する。

 海老蔵が団十郎を襲名するにあたり、後援者の中には再婚を勧める声もある。だが、歌舞伎関係者は「海老蔵さんが親交のある“小泉純一郎元首相スタイル”を取るのでは」の指摘がある。

 小泉氏は離婚経験があり、その後は首相を務めている間も含め、独身を貫いた。小泉氏は自身の事務所を親族で固め、特に姉の信子さんが切り盛りして支え、戦後4位となる長期政権を全うした経緯がある。海老蔵も母希実子さん、妹の舞踏家市川ぼたんが女将さん代わりを務めている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月15日のニュース