錦織一清演出ミュージカル初日、ロングラン極意は「風刺ギャグ入れない」

[ 2018年11月29日 09:38 ]

ミュージカル「よろこびのうた」東京公演初日に先がけ会見した(左から)音楽監督の岸田敏志、演出の錦織一清、脚本の羽原大介氏
Photo By スポニチ

 少年隊の錦織一清(53)が演出を手がけるミュージカル「よろこびのうた」の東京公演が28日、東京都江東区のティアラこうとうで初日を迎えた。

 愛媛県の「坊っちゃん劇場」でロングラン中の“地方発”の作品。「ロングランのコツは、風刺ギャグを入れないこと。こざかしいことはしないよう気をつけました」と話し笑わせた。29日も同所で。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年11月29日のニュース