西田敏行 “おっかさま”赤木さんを悼む「優しくやわらかな土の匂い 可愛い母でした」

[ 2018年11月29日 18:28 ]

俳優の西田敏行
Photo By スポニチ

 俳優の西田敏行(71)が29日、亡くなった女優の赤木春恵さん(享年94)を悼んだ。

 西田と赤木さんは1981年に放映されたNHK大河ドラマ「おんな太閤記」で共演。豊臣秀吉を演じた西田の母役として赤木さんが出演したことに触れ「今、『おんな太閤記』のDVDを観ながらおっかさまを偲んでいます」とし、「あの時に感じたおっかさまの優しくやわらかな土の匂い、天下人になった倅(せがれ)にも容赦なく叱る、本当にチャーミングで可愛い母でした」と放映から40年近くが過ぎても、忘れられない思い出になっていることを明かした。

 最後に「赤木春恵さん、おっかさま、出会えたことに感謝します。そして、ありがとうございました」と心を込めての言葉をおくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年11月29日のニュース