吉澤ひとみ被告に懲役2年求刑 初公判で起訴内容認める 20席の一般傍聴券求め1137人が列

[ 2018年11月29日 15:15 ]

<吉澤ひとみ初公判>多くの報道陣の前を通り、東京地裁へと入る吉澤ひとみ被告を乗せたと見られる車(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 酒気帯び運転でひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告(33)は29日、東京地裁の初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役2年を求刑した。

 東京地裁には大勢の報道陣が詰めかけ、20席の一般傍聴券を巡る抽選には1137人が並んだ。

 起訴状などによると、9月6日朝に東京都中野区で酒気帯びの状態で乗用車を運転し、赤信号を無視して交差点に進入。自転車で横断していた20代女性をはねてケガを負わせたほか、女性が接触した40代男性にもケガをさせて走り去ったとしている。

 吉澤被告は9月27日に保釈された翌日の28日、所属していた事務所を通じて芸能界引退を発表した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年11月29日のニュース