泰葉「ココロ塾」設立を発表「心の病は治療が必要」

[ 2017年4月10日 15:31 ]

会見に登場した泰葉(左)と三遊亭歌る多
Photo By スポニチ

 シンガー・ソングライターでタレントの泰葉(56)が10日、都内で記者会見を開き、「泰葉ココロ塾」の設立を発表。心の病を笑いや歌を通して社会に発信していく社会奉仕活動に力を入れていくことを涙ながらに宣言した。

 前夫で落語家の春風亭小朝(62)との離婚会見以降、度重なる心労からうつ病に陥っていたことを自らの口で告白したのは昨年のこと。10年間戦ってきた「双極性障害」という心の病を克服したことから、同塾を開くことを決意した。「心の病はガンや心筋梗塞と同じ。治療が必要。なおると信じて治療に専念して」と涙ながらに訴えた。

 開塾する動機として「ブログで心に関する記事を書くと、アクセスが増え、切実なコメントをいただくようになった」と説明。活動内容として「エンターテイメントを通じて笑いを発信」するとし、落語家の三遊亭歌る多(54)と女芸人最強ユニット「歌る葉」を結成、この夏に世界初の2人落語に挑戦する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年4月10日のニュース