星野源「結婚したいです」連発 「逃げ恥」で心境変化?

[ 2017年4月10日 13:17 ]

星野源
Photo By スポニチ

 俳優で歌手の星野源(36)が10日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月〜金曜正午)に出演。大病を経て変化した自身の死生観や、結婚願望などを語った。

 司会の黒柳徹子(83)から「これからの夢」を問われた星野。「夢は長生きしたい。長生きして、なるべく楽しく朗らかに過ごせるのが一番いいな」と明かし、黒柳から長生きの秘けつとして「自分の好きなことをすることが大事」というアドバイスが送られた。

 2012年12月にくも膜下出血で倒れ活動を休止した。現在は主治医から「くも膜下出血をしたことない人より健康」と太鼓判を押されるほどだというが、大病を克服し、死生観も変化。「うまくいかないことや、イライラすることがあったとき、以前は意味なく、例えば、死にたいとかもう嫌だとか言っていたんですけど、まったく思わなくなりました。死にたいって言ったり、ふと思ったりするってことは生きたいってこと」などと語った。

 昨年のTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、新垣結衣(28)とのコンビで契約結婚した夫婦を演じ、“逃げ恥”ブームをけん引。結婚については「結婚したいです。結婚したいです」と前のめりで「予定は全くない」としながらも「前までそんな気持ちはあんまりなかったんですけど、お腹空かせて帰って、奥さんと一緒にご飯食べるってきっと幸せだろうな、いいな〜と思って」と結婚願望を強くしていることを告白した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年4月10日のニュース