カンニング竹山 結婚発表の渡部にキレまくり「2人分たかられたらイヤ」

[ 2017年4月10日 09:11 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのカンニング竹山(45)が10日、レギュラーを務めるTBS系「ビビット」(月〜金曜前8・00)に出演。女優の佐々木希(29)との結婚を発表したお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(44)をキレながら祝福した。

 プライベートで親交のある渡部の“親友”という触れ込みで出演した竹山は「“親友”竹山って書いてあるけど、俺、こいつの親友じゃねぇよ」とひとキレ。「渡部くんは俺のことをバカにしているから、何も教えてくれない。飯代をたかるばっかり。心配なのは結婚して、2人分たかられたらイヤだなと。何も知らない。聞いてないし、俺には絶対にこういうこと教えてくれない」と不満を爆発させた。

 2人のテレビでの生報告後、LINEで連絡をしたといい、「おめでとうって入れたけど、こいつは飯おごれって入れただけ。基本的にこいつと有吉(弘行)は俺のことをバカにしてる。裏で財布って言ってるんです、ふざけんじゃねぇ。冗談じゃねぇよ」。佐々木がインスタでこれまでアップしてきた手料理の写真を紹介すると、「こんないい飯を食ってんのに、なんで俺にたかるんだよ。いくらおごったと思ってんだよ」とまだまだ止まらず。そんな竹山を、MCのTOKIO国分太一(42)が「今日はキレる場所じゃないから」と諭すも、竹山は「なんも教えてくれないから」と不満げ。11日にも婚姻届を提出するのではとの情報にも「知らねぇよ!仕事しろ!」と突っ込んだ。それでも最後はこれまでオープンな交際ができなかった2人を気遣い、「普通にスーパーとか買い物に行ってほしい。普通の生活をしてほしい。(詮索は)やめてあげて」と友人の顔を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年4月10日のニュース