「けものフレンズ」と東武動物公園がコラボ!小野早稀の園内放送など

[ 2017年4月10日 14:15 ]

「けものフレンズ」と東武動物公園のコラボが決定。オリジナル缶バッジが発売される(C)けものフレンズプロジェクトA
Photo By 提供写真

 テレビ東京で放送され、3月28日に最終回を迎えた人気アニメ「けものフレンズ」と東武動物公園(埼玉県南埼玉郡宮代町)のコラボレーション企画「〜とうぶフレンズに会いに行くのだ!〜」の実施が決まった。10日、東武動物公園の公式サイトで発表された。

 アニメは超巨大総合動物園「ジャパリパーク」などを舞台に、神秘の物質「サンドスター」の力により、動物からヒトの姿になった「アニマルガール」らの大冒険を描いた。

 コラボ企画は4月22日から6月25日まで開催。

 (1)アニマルガールのパネル展示(2)アライグマ役の声優・小野早稀による園内アナウンス(事前収録した音源を流す。本人の出演はなし)(3)オリジナル缶バッチ6種類発売(番組内で同園の飼育係が解説した動物とアニマルガールのデザイン、1個300円=税込み)(4)声のおにいさん、おねえさんのフレンズガイド(番組内で動物の解説をした同園の飼育係=おにいさん、おねえさんによる特別動物ガイド。開催日は4月22日、5月13日、6月10日)と、多彩な企画が用意された。

 同園の飼育係が番組内で動物の解説をするなど、放送中からコラボしていたことをきっかけに、番組側から打診があり、今回の企画が決まった。同園の広報担当者は「来場者が増えれば」と“けもフレ効果”に期待している。

 「けものフレンズ」は歌手で俳優の星野源(36)が「最終回の『けものフレンズ』というタイトルが出る瞬間があまりにもカッコよくて、その時は『うっ…』となりましたね」と最終回で涙したエピソードを明かすなど、人気を博した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年4月10日のニュース