ピース綾部「しゃべくり」で渡米前最後のTV出演「“綾部ロス”です」

[ 2017年4月10日 23:35 ]

渡米前最後のテレビ出演となった「ピース」の綾部祐二
Photo By スポニチ

 活動拠点を米国に移すお笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(39)が10日、日本テレビ「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP」(月曜後9・00)に出演。これが渡米前最後のテレビ出演となった。

 今月からニューヨークに移住することを宣言している綾部。くりぃむしちゅー・有田哲平(46)らレギュラー陣から「“行く行く詐欺”だろ」と疑いをかけられるも、「この日以降テレビに出ることはない。“綾部ロス”です」と本当にラスト出演になることを強調した。

 渡米後にやりたいことを聞かれると、「役者でもコメディアンでもミュージシャンでもスポーツ選手でも何でもいい」と発言。「ハリウッドの映画に1本出て、1回でもいいからレッドカーペットを歩くことは決めている」と力強く宣言した。

 しかし、相方の又吉直樹(36)は、昨年の渡米宣言時に比べて綾部が弱気になっていることを指摘。「最初は根性あるなと思っていたんですけど、最近になって『先生、仕送りはどうなっているんですか?』と言ってくる」と暴露すると、綾部は「40歳をバイトで雇ってくれるところなんて少ないんですよ」と切実に訴えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年4月10日のニュース