ヒロミ「ままと吉野のところへ」長期休養のきっかけとなった親友の墓参りへ

[ 2017年4月10日 14:32 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(52)が10日、自身のブログを更新。自身が長期休養するきっかけのひとつにもなった友人で、放送作家として公私共に歩んだ吉野晃章さん(享年41歳)の墓を訪れたことをつづった。

 ヒロミは「今日は」と題し、満開に花開く桜並木の写真をアップ。「いい天気だからままと桜見ながら散歩 明日はまた雨っぽいから今日までかな〜」と、妻でタレントの松本伊代(51)と散策したことをつづった。そして続けて「夕方まで時間あるから ままと吉野のところへ」とし、2004年4月15日にがん闘病の後に白血病により41歳の若さで亡くなった吉野さんのお墓を夫婦で訪れた写真をアップした。吉野さんの命日が近いこともあり、天気のいい時にとお参りしたのだろう。

 吉野さんは帝京高校サッカー部出身で、「とんねるず」の木梨憲武(55)の紹介で放送作家となり、とんねるずの番組を中心に人気番組を多数手掛けていた。ヒロミとも長らく付き合いがあり、今年2月5日に放送されたフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)や、4月7日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後9・00)で、親友の放送作家の死が長期休養のきっかけのひとつだったことを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年4月10日のニュース