19年クドカン「五輪」大河 勘九郎、サダヲで19年ぶりの主演リレー

[ 2017年4月4日 05:30 ]

19年大河ドラマ「いだてん」発表会見に臨んだ(左から)主演の中村勘九郎、阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(35)と俳優の阿部サダヲ(46)が、2019年のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の主演を務めることが3日、発表された。勘九郎の父、故中村勘三郎さんは99年の大河「元禄繚乱」に主演しており、親子2代での大河主演となる。勘九郎は「歌舞伎俳優なのに近代を演じる自分の方が、(父親より)ちょっと勝ったんじゃないか」と喜びを語った。

 「いだてん」は脚本家の宮藤官九郎によるオリジナル作品。日本が五輪に初参加した1912年のストックホルム大会から64年の東京大会までを舞台に、勘九郎が日本人マラソン選手のパイオニアである金栗四三(しそう)役、阿部が東京五輪招致に尽力した田畑政治(まさじ)役を演じる。前半が中村、後半が阿部を中心に、2人の主演リレー形式で放送される。

 大河で近現代史を描くのは86年の「いのち」以来33年ぶり。主演リレーは93〜94年の「炎立つ」、00年の「葵 徳川三代」以来19年ぶり3度目となる。

 故緒形拳さんと緒形直人(49)に続く史上2組目の親子2代の大河主演になる勘九郎は「素直にうれしいです。歌舞伎俳優なのに近代を演じる自分の方が、ちょっと勝ったんじゃないか」とニンマリ。主演決定について勘三郎さんがどう言うかとの質問には「自分も出せと言うのでは。官九郎さんのところに直談判しにいくと思いますね。俺に(主役の)晩年をやらせろと」と思いをはせた。

 歌舞伎俳優の大河主演は、03年「武蔵 MUSASHI」の市川海老蔵(39)以来。オファーを受けたのは昨年12月で「びっくりしました」と回想。熊本出身の金栗四三役を演じるにあたって「マラソンもしなければいけないし、熊本弁も一から勉強したい」と意気込みを語った。

 一方、阿部は現在放送中の「おんな城主 直虎」に徳川家康役で出演中。「まさかないだろうと思っていたら、声が掛かってびっくりした。一生懸命、頑張りたい」と力を込めた。

 ▽いだてん 1912年のストックホルムから、36年のベルリン、64年の東京までの3大会を中心に五輪の歴史と激動の52年間を描く。金栗四三はストックホルム大会で初めて五輪に参加した日本人選手2人のうちの1人。後に箱根駅伝を創設した。田畑政治は政治記者をしながら、東京五輪招致に奔走。東京五輪の組織委員会事務総長を務めた。ドラマは73年に亡くなった落語家の古今亭志ん生が、架空の落語「東京オリムピック噺」を語る設定で進行する。

 《金栗氏の地元、熊本県知事大喜び》熊本県の蒲島郁夫知事は3日、19年大河ドラマの主人公の一人に同県出身のマラソン選手、金栗四三氏が決まったことを受けコメントを発表した。「大変うれしく思う。幾多の困難から立ち上がり“いだてん”のごとく駆け抜けた金栗氏の走りが、復興に向けて走り始めた県民を大いに勇気づけてくれると期待している」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月4日のニュース