蛭子能収、賭博逮捕で謹慎中に訪問 周囲がツッコミ「満喫しとるがな」

[ 2017年4月4日 09:59 ]

蛭子能収
Photo By スポニチ

 漫画家でタレントの蛭子能収(69)が3日放送のTBS「好きか嫌いか言う時間」(月曜後9・53)に出演。麻雀賭博で現行犯逮捕され、謹慎していた時に訪れた場所を明かし、出演者があ然とする場面があった。

 大のギャンブル好きで知られる蛭子だが、1998年、麻雀賭博で現行犯で逮捕され、その後約3カ月間タレント活動を自粛した。逮捕後に行った謝罪会見では「警察の方からパチンコはやってもいいと言われましたが、パチンコはあまり面白くないんです。麻雀はすごく面白い」など、ほのぼのと話していた。

 番組では、逮捕された際に「もう二度とギャンブルはしません。賭けてもいいです」と警察官に誓ったエピソードが紹介され共演者も大爆笑。また、3カ月の謹慎期間中に米ラスベガスを訪問していたことも明かした。「いい機会だったので」と悪びれる様子のない蛭子に、周囲もあきれ顔。お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬(43)も「賭博を満喫しとるがな」とつっこんでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月4日のニュース